[2016-10-01 13:44:32] 
********* 「デジタルはむね」 はむねメルマガ 第60号  2016/10/01 (都合により配信が遅れることがあります) ********* ★★★★★ 「はむねクイズ!」 10月1日は都民の日です。20年以上前、都民の日にちなんだバッジが販売されていました。何のバッチでしょう? (1)パンダ (2)カッパ (3)たぬき (4)都鳥(みやこどり) ★★★★★ ☆☆☆☆☆ 10/16杉森地域運動会 ☆☆☆☆☆ ◎◎ 来週のはむね ◎◎ 10/7(金)  駐車場管理部会 10/8(土)  建替えおしゃべり会 10/9(日)  環境対策部会 ◎◎ はむね便り ◎◎ ・外トイレに網戸を取り付けました(有志の方によるボランティアです)。 ・11/12(土)13:30より 集会室で福利厚生部会による「音声ガイド・字幕付き 映画体験会」を開催します。 「男はつらいよハイビスカスの花」(1980年公開シリーズ第25作)。飲み物と茶菓子が用意してあります。 ・無人野菜販売は、今の時期野菜の端境期なのでお休み中です。 ◎◎ たてかえ瓦版 ◎◎ 10/6(木)  街づくり三役会 10/17(月)16:00  建替え推進部会 10/25(火)19:30  建替え委員会 建替えに関する、ご意見・質問などありましたら 建替え専用メールにご連絡ください。 Mail tatekae@hamune.org ★★★★★ 「はむねクイズ!」 (2)カッパ 1956年の大東京祭以降、東京都は都民の日を記念したバッジ「大東京祭記念徽章」を毎年発売した。当初は彫刻家の朝倉文夫がデザインしていたが、1959年からは漫画家の清水崑によるカッパをモチーフとしたデザインとなった。カッパが採用された理由としては、隅田川にカッパの巣が多くあったとする伝承によるものだとされている。その後、バッジのデザインは、1976年から漫画家の小島功に引き継がれ、カッパのモチーフもそのまま受け継がれることになった。 このバッジは都営施設の無料入場を認める際の目印として用いられ、都内の各区市町村の窓口や宝くじ売り場などで一般販売を行った他、都内の小中学校などでも組織購入が行われた。このため、1960年代から1990年代ごろまでの間に都内で幼少期を過ごした世代には、カッパバッジとして広く親しまれることになった。 1997年の都民の日を最後にバッジの販売は行われなくなった。 (Wikipediaより) (クイズ募集中です!) ★★★★★ 〓〓〓〓〓〓〓〓〓 発行:はむね管理組合事務局 TEL 042-485-0926 WEB hamune.org Mail kanrikumiai@hamune.org 〓〓〓〓〓〓〓〓〓